“音のプロフェッショナル”としてSound Masterとも呼ばれるミュージックシーンの最前線を担うミュージシャンやサウンドエンジニア、バックステージ・テクニシャン。
彼らはケーブルにおける基本品質である周波数特性や倍音の密度に留まらず、音場や楽曲のジャンルなど、様々なシチュエーションを想定した上で1つ1つのツールを選択していきます。

CAJ Cable Master's Choiceは、そんな楽器を知り尽くしたSound Masterたちが、数多のケーブルの中からChoiceしたGuitar & Bass用ハイグレード・インストルメンツ・ケーブルです。





Master's コメント

For Guitar

今 剛 様

低域から高域までクセが無く伸びやかな印象。量感や密度もしっかりあって反応も早い感じがします。
是永 巧一 様

CAJ New cable、パッと聞きは柔らかいのですが実はレンジがスゴく広いです。なので聴感上のレベルがデカく立体的に聞こえます。

以前からの、オーディオ的な特性ではなく、しかし解像度は高く楽器に合ったレンジで素直にアウトプットするというコンセプトを1段も2段も上のレベルに進めたケーブルと言えるでしょう。
土方 隆行 様

このケーブルは癖の無い音色でヌケも良く使いやすいです。ギター本来の音が忠実に伝達されている感じがして、プレイに集中出来る、とても音楽的なサウンドです。
鳥山 雄司 様

全てのフリークエンシーのスピードを揃えてくれるタイプのケーブルですが、決してドンシャリにならずサウンドの密度はそのままというのが気に入っています。

シングルコイルをアンプに繋ぐと、リンギングサウンド。ハムバッカーはパワー感を保ったままワイドレンジに。

まったくそんな都合のいいケーブルです。

今泉 洋 様

まず最初にGuitarに繋いで感じた事は音の輪郭がハッキリとした・・・と言うのが最初の印象です。
僕はケーブル自体で音を作りこむ事には否定的ですが基音としてのGuitarの音がただクリアになると言うの意味ではなく、良い意味でハッキリとしたサウンドです。
音のスピードを求められる現代に於いてはシステムを構築する上でも優れたシールドだと思います。


増崎 孝司 様

音の輪郭がハッキリして、とても弾き易いケーブルです。
以前のモデルと比較すると膜が取れてクリアな音像になった感じですね。
なので聴感上音量が大きくなってヌケ感もアップした感覚です。
本来ケーブルで音色を作る様な事は絶対にしませんが、
このケーブルは演奏上の様々なストレスから解放してくれる感じです。
1+1=2プラスαという、楽器本来の持つトーンを自然に且つ艶やかにアウトプットしてくれる頼もしいケーブルです。


Kappa Tanabe 様

ギタリストのKappa Tanabeです。現在ニューヨークを拠点にR&B シンガー Joeのワールドツアーに参加していたり、マンハッタンの歴史ある教会でゴスペルを演奏していたりと色んなところで演奏、レコーディングしています。

ケーブルについて
今までかなりの種類のケーブルを使ってきました。値段もピンキリです。そんな中でもこのケーブルは群を抜いてオススメです。
ギターは右手、左手、アンプの細かいセッティング一つでかなり種類のトーンを作ることができます。このケーブルはそれをとてもセンシティブに細かいトーンの変化まで表現する事を助けてくれます。さらに物凄く芯があり、まさに一音一音がバットの芯でとらえたホームランのような感じがします。

先日早速Joeのアリーナコンサートでも使ってきましたが終始良い仕事するなぁという感じでした。さらに関係者からも大好評でした。
コンサート、レコーディング、練習に是非一本。始めたばかりの初心者からプロまで本当に幅広く楽しんでいただけると思います。

Kappa Tanabe
今までの共演者 : Chaka Khan, Estelle, Common, Joe, Marvin Sapp, Jesse Boykins III, Syleena Johnson, Res, 他多数
いまみち ともたか 様 (ヒトサライ、ギタリスト・ソングライター)

CAJのギターケーブルはずっと前から愛用していて、自分のギターの音色を創る際、欠かせない重要な要素になっているんだけれど、今回、CAJとドイツKLOTZ社とのコラボでエフェクター用のパッチケーブル(すでに全部これに変えている。取り回しが楽なケーブルの柔らかさと細さ、でも音は細くならない)に続き、ギター用のケーブルもリリースされるというので、一足先にレコーディングとステージで使わせてもらった。

パッチケーブルとは違ってケーブル自体はちょっと硬めなので、巻き癖残りが心配だったけれど、1ステージ使って終演時にはもう馴染んでくれたので問題無し。
ハイ&ローが自然に伸びている感じでハイファイだなぁというイメージ、だけど不思議なことに、いままでヒスノイズが多少目立ちすぎかな、と心配したり、フィードバックとは違うハウリングをたまに起こしていたセッティングのまま使っても、CAJ/KLOTZ のコラボギターケーブルでは、そこが解消される。それなのに素直でスッピンな出音なので、ナイスです。

今後は状況にあわせ、中域のバイト感に特長あるCAJケーブルとこの全帯域でフラットなイメージのCAJ/KLOTZケーブルとを使い分けたり混在させたり、とケーブル・カクテルしてみるのも面白そう。

音色作りには、ギター、アンプ、エフェクターなどはもちろんだけど、それらを繋ぐケーブルの個性やクセが、だいぶ結果に影響してくるので、「色付けされないそのまま」の音を次の機器に渡したいときには、このケーブル、特に重宝しそう。
山崎 淳 様

レンジが広くてクリアな音。ハイファイなだけでなく、パワー感も十分にあります。クリーンから歪みまでオケの中で埋もれない、抜けのいいサウンド。


飯室 博 様

このケーブルの第一印象は、レスポンスの速さと潤沢な情報量でした。

7弦ギターでも輪郭がハッキリしているのが印象的でした。

個人的にとても相性が良いのでガンガン使って行きたいと思います。


田川 ヒロアキ 様

ギターサウンドがケーブルで変化!
バンドでのライブでも使い始めましたが、アタックから弦の残響まで、今までよりスパーンと前に出てくれます。

特に、クリーンやクランチでその威力が発揮。
歪みでは、ザクザク感は強く、リードを弾く際のベンディングではグーンと伸びてくれて、フィードバックやハーモニックスも気持ち良い!!

シールド比較をすると、こちらはパッと晴れたような感覚がありますね。
5Mと、エフェクト用のパッチケーブルと使用しています。



Kouji 様 (Neo Atomic Motor)

まず最初に僕の所属するバンドのギタースタイルは多くのCAJクライアントのアーティストの方々とは異なり、単音のソロはほとんどなく、大袈裟になりますが1弦、2弦を使う事さえ3曲中1曲あるかないかです。

使用ギターは6弦ギター、基本半音下げで曲により6弦をさらに1音ドロップします。アンプは4InputマーシャルにFUZZを掛けっぱなしになっており、例えになりますが戦車が地を這うような轟音を発しています。

低音弦のアタックを損なわない為、FuzzのGainは低めではありますがそれでもそんな音を出すならケーブルの影響は少ないのではないかと思われがちです。僕自身これまで18年程CAJケーブルしか使用して来なかったので他社ケーブルと比較した事はなく、CAJケーブルの信頼性から特に気にした事さえありませんでした。

そして先日、CAJクライアントにしてはおかしなギターの使い方をする貴重なサンプル体なのか?笑
新しく発表されるドイツKLOTZ社とコラボケーブル「CAJ Cable Master’s Choice for Guitar」を授かり早速ステージで使用させて頂きました。

バンドのスタイル上、ワイアレスを使用しているのでCAJボードからアンプまでのケーブルをMaster’s Choiceケーブルに変更。
リハーサルの時点ではっきりと今までとの違いを体感出来ました。
具体的には専ら低音弦をズンズン弾く訳ですが聴感上のGain量に変化はなくより低音がふくよかになり、かつアタックが増しました。
ズンズンがズガンズガンになったと言う感じでしょうか。先の例えに効果を追記するのであれば地を這う戦車がよりおどろおどろしく、さらにそのキャタピラ音がくっきり聞こえて来るようになった印象です。 こんなに低音を出していても弾き手のニュアンスが伝えられる、ステージ上のリアルタイムな高揚感や気持ちを「顔」だけではなく「音」ではっきりと前へ出せる大きな歓びを感じ取れました。

もし僕のようなギターの使い方をするバンドギタリストの方がこれを見て興味を持って頂けたのであれば、ベーシストの方には「CAJ Cable Master’s Choice for Bass」の使用をお勧めします。

そうじゃないとベースの音域を邪魔して揉めてしまうかもしれません笑

冒頭から低音側の話しかしていませんが、僕は素直にそこの体験談しか出来ませんので高音や全体バランスに関しましてはすでにコメントを出されている偉大なCAJクライアントの先輩方のページをご参考下さい。
多くのメーカーや個人作成を含め良いとされるギターケーブルがありふれる昨今、どのケーブルをチョイスするか悩まれる方も多いかと思います。
その時、どのメーカーも品質に関してとても丁寧に説明されていますのでより選定する事が難しくなります。
ですがひと度ステージやレコーディング現場に入るとそこは品質もしかりですが安心感と信頼性が最も重要となって来ると考えています。

CAJスタッフによる使用する側の立場になっての物作り、耐久性はもとより妥協のない制作過程、そして品質。
僕が18年間、機材に対して何の不安もなく安心してステージや制作現場に立てるのはブランド力だけではなくこの大きな信頼性から来ています。
Yoma 様(The Winking Owl)

低域から高域まですごくバランスよく出ていてレンジが広いです。
音に立体感があり輪郭もはっきりしていてコードなどを弾いていて気持ちのいいサウンドでアンサンブルの中でも埋もれないと思います。
あと金色のロゴがカッコ良くルックスも好きです(笑)
おいたん 様 (東京カランコロン)

繋いだ瞬間、ケーブルに伝達される情報量が今までより多くなった感じがしました。 些細な音質劣化を気にしがちな僕ですが、その不安をぶっ飛ばしてくれるようなパワフル な音でびっくり。 今までダマになってた部分が解放された、非常にクリアでワイドレンジな音。ブラッシングをしただけでもその違いが分かります。
古川 望 様

ワタシが現在使用しているケーブルはほぼ99%CAJブランドですが、このCable Master's Choiceは今までのCAJケーブルの良さを引き継ぎつつ、より一層クリアでクセのない素直な音質を実現した夢のケーブルだと思います。 レコーディングでもライブでもテレビ収録の現場でも他の楽器に埋もれないはっきりとした発音を実現してくれ、ノートラブルで安心して音に集中出来る頼もしい存在です。
若井 望 様 (Nozomu Wakai's DESTINIA)

以前のCAJのギターケーブルと比べて、一回り大きくくっきりと感じられ、元の音をきちんとプッシュしてくれている印象です。
ステージでも抜けが明らかに良く、レコーディングでも違いがハッキリ出ました。
立ち上がりも早くクリアなので、昨今の自宅録音やラインを中心に活用する場面でも効果的だと思います。
取り回しの面でも、硬めのケーブルですが扱い易く、ジャックの噛み合せも良いです。
ディストーションの乗りも良く、ハードロック/ヘヴィメタルのような音作りにも相性が良いですね。
持っていて損のないケーブルですので、積極的に取り込んで試してもらいたいです!
山岸 竜之介 様

僕は、このシールドでレコーディングからライブ、セッションまで全部使わせてもらってます!
レンジが広く、いい意味で癖のない、ギタリストもベーシストも使えるケーブルだと思います。
そして、何より金色のロゴがかっこいいです!(笑)

For Bass

斉藤“TAK”貴之 様
とにかく音が分離し、ハッキリしていますね。
無駄に出ている音域もなく、ローからハイまでストレスなく 聴こえてきます。
プレイに集中でき、とてもゴキゲンです。
川崎 哲平 様

レンジが広いですが、ローの部分が締まっていてガッツがあるサウンドだと思います。
アンサンブルの中でもしっかりと聞こえてくるとても良いケーブルです!


仮谷 克之 様

第一印象はレンジか広い!
低域が十分出ているにも関わらず輪郭がぼやける事なく
低域から高域まで非常にバランスが良く、弾いていて気持ちの良いケーブルです。
ケーブル自体は特別太い方ではないと思いますが作りがしっかりしているので安心感がもてます。


オギノメリョウ 様

低域から高域まで偏りや癖がなく、輪郭がハッキリした音だと思います。
それだけでなくパワーも十分あるのでアンサンブルに埋もれる事なくクリアに聴き取れるケーブルです。

ケーブル自体も柔らかく取り回しがいいのも、とても嬉しいです!
Nori Naraoka 様
Just got new bass cable called Master's Choice from CAJ!! Great sounding, heavy duty yet flexible!
I am so looking forward to using this for concert hall tour start in January!!!!

CAJから新しいケーブルが届きました!! ベース用のMaster's Choiceと言う物。
素晴らしい!! 頑丈、取り回しの良さ、 肝心の音は太く暖かく変な癖が無い。

1月からまた約1ヶ月間、ホールツアーがあります。周りの反応が楽しみ〜 !!


田中 晋吾 様
今迄使っていたシールドよりかなりレンジが広く、全体の音像も太くなりました。
弾いてる感触もとても素直なレスポンスでベースにとって必要な音をしっかり出してくれる印象です。
現場の音響さんにもLINEのノリがとても元気で太くなったと言われました^_^
ケーブルの取り回しも、CAJオリジナルのコネクタも安定感抜群で今後も使用していきたいと思います。


前澤 卓 様

愛器の新たな魅力を聴かせてくれるような、ワイドレンジなケーブルです。
ベース用、だからといって低音が増すというより、楽器的に嬉しい中低域がよりタイトになる印象です。
なのでLow-B弦などのピッチ感もクリアになり、特にアンサンブルの中で楽器のポテンシャルを最大に引き出してくれます!
あと肝心な、ステージでの使用感が最高です!!
ケーブルが柔らかくて、足元に絡みにくく、取り回しがとにかく楽です。
ライヴで動き回る、アクション系のプレイヤー(私もです!)には特におススメです♪


岩永 真奈 様

CAJ Cable Master's Choiceは、ベースとしてのサウンドのバランスがとても良いケーブルだと思います。
低音や高音が暴れてしまうことがなく本当にクリアで、フレーズもしっかりと発音してくれます。
またノイズも出にくくとても使いやすいケーブルだと感じました。
また音にクセがなく、音作りもしやすいです。ケーブルに向きがないのもまた、気軽に使えてなお良いなと思います!


伊藤 毅 様 プロデューサー/ベーシスト

そもそも「音が良くなるケーブル」は存在しません(私はそう信じています)。

私がケーブルに求めるものは色付けではなく、楽器とプレイヤーの音を忠実に伝達する役目です。

私は余分な機材や回線を通すことによる余計な色付を好まず、ベースアンプのつまみもヴォリューム以外フラットにして触らないような「楽器原理主義」的なプレイヤーですが、この CAJ Cable Master's Choice for Bass は、楽器の持っている質感や元々の音質、(そしてうれしくも怖いことに)弾き手の力量と弾いた通りのニュアンスを、残さず次の機材に伝えてくれる非常に音楽的なケーブルです。特にラインで楽器を鳴らすことの多いベーシストには信頼できるケーブルだと言えるでしょう。

そして、

・新品の状態でも巻きグセがないしなやかさ

・汚れがつきにくい半つや消しのケーブル素材

という部分も現場での即戦力となるポイントです。


おすすめ!
櫻井 哲夫 様

久し振りにカスタムオーディオのケーブルを使用しましたが、以前からの抜けの良さに加え、更に音程感が引き締まって輪郭がくっきりした印象で、ケーブルが絡みにくい所もとても良いです。
CAJ MC G
Price List

I-I 3m     …… ¥5,400(税別) JAN:4571220043796
I-I 5m     …… ¥6,400(税別) JAN:4571220043802
I-I 7m     …… ¥7,200(税別) JAN:4571220043819
I-I 10m   …… ¥8,800(税別) JAN:4571220043826
I-L 3m    …… ¥5,600(税別) JAN:4571220043833
I-L 5m    …… ¥6,600(税別) JAN:4571220043840
I-L 7m    …… ¥7,400(税別) JAN:4571220043857
I-L 10m  …… ¥9,000(税別) JAN:4571220043864
L-L 3m   …… ¥5,800(税別) JAN:4571220043871
L-L 5m   …… ¥6,800(税別) JAN:4571220043888
L-L 7m   …… ¥7,600(税別) JAN:4571220043895
L-L 10m …… ¥9,200(税別) JAN:4571220043901
CAJ MC B
Price List

I-I 3m     …… ¥5,000(税別) JAN:4571220043673
I-I 5m     …… ¥5,800(税別) JAN:4571220043680
I-I 7m     …… ¥6,400(税別) JAN:4571220043697
I-I 10m   …… ¥8,000(税別) JAN:4571220043703
I-L 3m    …… ¥5,200(税別) JAN:4571220043710
I-L 5m    …… ¥6,000(税別) JAN:4571220043727
I-L 7m    …… ¥6,600(税別) JAN:4571220043734
I-L 10m  …… ¥8,200(税別) JAN:4571220043741
L-L 3m   …… ¥5,400(税別) JAN:4571220043758
L-L 5m   …… ¥6,200(税別) JAN:4571220043765
L-L 7m   …… ¥6,800(税別) JAN:4571220043772
L-L 10m …… ¥8,400(税別) JAN:4571220043789