okada_logo
patchcable
p2_001
p2_002
p2_003
p2_004
p2_005
p2_006
title1
ギターケーブルを短くした従来のパッチケーブルとは異なり、ボードシステム、ラックシステム専用にデザインされたKLOTZ社製ケーブルを使用。
マイクロフォニックノイズ防止の塩化ビニール皮膜を排除したことにより信号線の構成を保ちながら直径4mmのスリムでフレキシブルなケーブルを実現。ペダルボードの省スペース化に最大のメリットを発揮します。
また、優れた柔軟性は長時間の固定でもクセがつきにくく、システムのレイアウト変更後の再使用もスムーズに行えます。

title2
マイクロフォニックノイズ対策の塩化ビニール皮膜は柔軟性を損なうだけでなく、キャパシタンスを増加させることによる高音域劣化も誘発します。  塩化ビニール皮膜を排除したKLOTZケーブルは、ハイクオリティ マイクケーブルにも匹敵するフラットでワイドな周波数特性を持ち、多くの使用ミュージシャンの方から一般的なケーブルと比較した以下のような評価を得ています。

  • コンプレッション感がほとんどない。
  • ダイナミックレンジが広い。
  • 周波数特性が高域まで伸びていてフラットである。
title3
ケーブルの性能をフルに引き出すには、フォーンプラグと入出力ジャックとの高度な接続が要求されます。 CAJオリジナルプラグは質量の高いスリーブカバーと、あらゆるタイプのジャックとの確実なコンタクトを確保するチップを新開発、端子の余計な振動を抑えたことによりレスポンスが 早く解像度の高いワイドな周波数特性を実現。
またケーブルとプラグの接合には、プロの現場で強く求められるパーフォーマンスに最適とされるハンダ接融合を採用しました。
アンプやエフェクターに多く用いられる基板タイプのジャックは接点Aがプラグをインサートすると離れるスイッチ機能です。 プラグの形状や精度に問題があるとスイッチが完全に離れず、音が出ない等のトラブルになります。
CAJプラグのチップはスイッチを完全に動作させる理想的な形状です。
ギターやベースに使用されるジャックです。 音が出ない等のトラブルの90%以上はケーブルのプラグとギター・ベースの出力ジャックの相性によって引き起こされます。 チップ部の形状や精度に問題があるプラグをジャックにインサートすると接点A,Bが均等に接触せずプラグがずれることでノイズが発生します。
CAJプラグは不意のトラブルやノイズ発生を防止する為、チップ形状にはAB接点と均等に接触しC部分をギャップレスにしたデザインを採用してます。